!kiyoka.blog.2006_01 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list
3543555555555555555105555555555555555550555555555555055555555555555550555555555555505555555555555505555555555520555555555555505
3

kiyoka日記。NendoSekkaの開発や、最近思うことなど

5

最新10件!kiyoka.blog   過去記事一覧!kiyoka.blog.list

4

kiyoka.blog_header 

3

このブログを書いている人: 西山 清香(kiyoka) - twitter: @kiyokaEXT

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_29[創作心理]創作のための意識改革術EXTに共感する

5

自分の創作へのモチベーションをいかにコントロールするか。この文書には非常に共感できる内容が書かれています。

5

創作のための意識改革術EXTは、プログラミングではなく小説などの文章執筆活動を想定した内容ですが、自分で開始するオープンソースプロジェクトや私的プロジェクトにもほぼマッチすると思います。

5

僕もこれまで常に自分のモチベーションを維持できてきたわけでもなく、創作のための意識改革術EXTに書かれているように、どうしても気が進まない時期やスキル不足により継続が難しいプロジェクトもありました。

5

それでも年々、スキル、自分のやりたいこと、Internet上での反響がマッチしてきており、上手く行くコツの様なものがわかってきました。

5

たいへん参考になる文章ですので、一度読んでみられてはいかがでしょうか。

5

 

5

[Sumibi]今月も肉リリースはお休み

5

新サービス開発を主にやっているため、Sumibiのリリースできそうな作業は特にありません。

5

( サーバー側の負荷軽減の作業はおこないましたが... 必要な方はCVSから最新版を取得してください。)

5

しばらく、しばらくお待ち下さい。

5

 

1

COMMENTMarcela

That addseress several of my concerns actually.

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_24[創作心理]創作にいたるまのでステップ(1)

5

僕にはオープンソースソフトウェアを作るという趣味があります。

5

作るといっても、既にあるオープンソースプロジェクトに参加するというよりも、自分で一から立ち上げることに楽しみを感じる性質のようです。

5

いつも微妙なものを作っては回の人たちを困惑させてしまうというパターンが定着しつつあります。 ^_^

5

さて、新しくものを作る(創る)場合、いかに自分の心理状態をコントロールするかというのが勝負になります。

5

まず、自分の貴重な時間を使ってでもやる意味があるかというのが最初の関門です。

5

そして、その最初の関門をクリアしたアイデアだけが採用となります。

5

僕の場合、アイデアの評価基準としては新規性というのがかなりの比重を占めます。誰もやっていないことをやるのが基本です。基本的には誰もが願っていることだと思います。

5

逆にこれがあるから既存のプロジェクトに参加するのはちょっとものたりない気がするのかも知れません。

5

もし、その第一関門を突破したら次に実験段階に入るのですがここでも、かなりのアイデアが脱落していきます。

5

一人ではとてもスケールが壮大過ぎて作れないもの等もこの段階で中止となります。

5

なかなかここを通過するアイデアは少ないのですが、そこを通過すれば本格的な創作開始となります。

5

『あんた、それがその何かい?Sumibi.orgEXTというやつかい!』というツッコミは無しでおねがいします。

5

また続きを書きます。

5

 

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_20[Sumibi]Sumibi.orgEXTのトップページの改善(6)

5

サーバー負荷対策を行ないました。

5

最近は1日の変換回数が4000回位になってきていまして、アクセスが集中する時にはサーバーのメモリを食い潰して変換が重くなる現象が発生していました。

5

原因は、入力する文章によっては最大5分もかかるリクエストになることでした。

5

5分もの間40MByteほどメモリを消費したままゴミと化しているリクエストが20プロセスほど蓄積するとSWAPし始めます。

5

ここまでいってしまうと、どうにもならなくなります。

5

今回は10秒以上かかったリクエストはさっさタイムアウトして混雑している旨をユーザーに返すという対策方法にしました。

5

かなり負荷が改善すると思います。今後もどんどん使いやすいサービスにしていきますので応援宜しくお願いします。

5

 

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_16[Webリーダー]新サービスの話(2)

5

今までに無いサービスなのでなんと呼べばよいのか分からないのですが、まあ『ブラウザもどき』と呼んでおきます。完全なブラウザではないので...

5

現在作成中のプロトタイプを毎日ヘビーに使っていると、思っていた以上に自分のWebの閲覧行動とマッチしていることが分かってきました。

5

僕は、Operaブラウザ搭載のwillcom端末を使っていたころから携帯で長文のWebサイトを読むことが多かったのですが、僕と同じような使い方をする人にはかなり共感してもらえそうです。

5

(ちなみに、今は主にるびまEXTを読んでいます。Rubyはそんなに使っていないんですけどね...Rubyist のための他言語探訪EXTの連載が面白いです。)

5

今の所一番気に入っている所は『タブブラウザっぽく使える』、『タブの未読管理ができる』、『取得完了したページはオフラインで読める』という点です。

5

読みたい記事を大量にクリックしておいて後でゆっくり未読タブを読んでいくという感じです。

5

また、どんなブログでもレイアウトが崩にくく読みやすいという所も良いです。

5

もうすこし、マシになってきたら僕の顔見知りの方へ向けてベータテストを開始したいと考えています。

5

一度でも僕にオフラインで会ったことがあるという方にだけ試して頂く予定です。

5

※注意: ここでタブと書いていますが、本当はタブではないです。察しのいい方は既に気づいていらっしゃるとおもいますが...

5

あまり期待しないで待っていて下さいね。そのうちどんなモノかわかると思います。^_^;

5

 

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_15[本]『図解 実戦マーケティング戦略』を読む

5

4820716506  図解 実戦マーケティング戦略: 佐藤 義典

5

近所の中古本屋で買いました。

5

あまり期待せずに読んだのですがなかなか参考になりました。(但し、買う価値あると思ったので買ったのですが。)

5

個人サイト等のマーケティングにこの本のツールを使えば、分かりやすく役に立つサイトを作れそうです。

5

特に、ポジショニングや伝わるメッセージの組み立て方など、思考ツールを使わないと答えにたどりつきにくい問題を分かりやすく解説しています。

5

この本は戦略BASiCSという思考ツールを丁寧に紹介するという内容になっており、後は実際に使ってみてくださいというものです。

5

『実戦マーケティング戦略』というタイトルのとおり実戦で使ってみようと思います。

5

まずはトレーニングとして新サービスに適用してみます。

5

 

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_09[本]コトラーのマーケティングの本を読了

5

読了といっても、自分に必要な部分だけです。なにせ900ページ弱もあるので。実質ページ数でいうと3分の1程度しか読んでいません。

5

コトラーのマーケティング本は巨大組織におけるマーケティングの実践方法について書かれているように思えます。

5

僕の様に巨大企業ではない職場で働いていて、しかもマーケティングの勉強は自分の趣味であるオープンソースソフトウェア開発に応用出来ないかというところから始まっているので、あまりにもスケールが違いすぎる章が多いです。

5

4478502102  マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで: フィリップ コトラー, ゲイリー アームストロング, Philip Kotler, Gary Armstrong, 和田 充夫

5

しかし、巷の和書のマーケティング本だけを読んでいては体系立ってマーケティングを理解できないので、あわせて読むと良いでしょう。

5

コトラーの本で一番良い所は、丁寧に言葉の定義をしながら進んでいく所です。理解が明確になり、マーケティング本でよくあるような曖昧な例え話で終わっていません。

5

また、実例が豊富で読んでいても楽しいです。中を開けて見るまで信じられないでしょうがコラム等が沢山あり楽しいです。

5

おすすめの一冊です。

5

他にも、個人スケールにあった本も読んだのでそれも後日紹介します。

5

 

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_08[Webリーダー]新サービスの話

5

以前、新サービスを開発中ということを書きました。(kiyoka.2005_12_21 [Webリーダー]新しいサービス開発中)

5

どんなサービスなの?とは誰にも聞かれていない寂しい状態ですが、キーワードだけを列挙すると大体こんな感じです。

5

『主にケータイ電話向け』『タブ数無限のブラウザ?』『PUSH型』『パケホーダイ対応』おまけに『無料=広告ベース』。

5

なんで誰も作らないの?と不思議なのですが、多分作るのが大変だと思われているのだと推測します。

5

僕が簡単な作り方を発見してしまったので、そのうちサービスをスタートするつもりです。(趣味でやっているのでいつになるかは未定です)

5

現在は、プロトタイプ版を自分で使いながらどうすれば便利なものになるか探っている所です。

5

 

2

COMMENTSofia

Yeah that's what I'm taklnig about baby--nice work!

0

comment (disabled)

5

5

 

5

 

5

kiyoka.2006_01_05[携帯]N902iを買う

5

結局N902iを買いました。今T9という文字入力方式で書いています。

5

思ったよりも快適に入力できます。5タッチ方式で入力していたムダな時間を返せという感じです。

5

『ブログ』が辞書にないのがいまどき不思議なんですが、それ以外は問題ないです。

5

今年は個人的にモバイルの年になると思いますので、たしなみとして携帯で文字入力くらいは素早く出来ないとイカンかなと思っているので積極的に練習中です。

5

すらすら入力できるようになるのはいつのことやら…

5

今ちょっと思いついたのは、Sumibi T9というやつです。多分ものすごく快適だと思うんだけどな。

5

Net接続しまくるのでパケホーダイ必須になりますが、すごく賢い筈です。T9には特許があるので現実には無理ですが。

5

誰か特許をうまく避ける妙案を教えて下さいませ。

5

 

0

comment (disabled)

5