OldType.リリースノート RSSPLAIN

Related pages: OldType OldType.会議室.2008年.1
552210235552554555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555555
5

このサイトを構築しているWikiソフトウェアOldTypeのリリースノートです。

5

 

2
0.3.10(開発中)
2
バグ修正: コメント中のインデントが再現しない問題を修正した。
1
Wikiネームをページヘッダの中に埋め込み、ヘッダ部分のスペースを節約した。
0
バグ修正: スパムコメントを排除する機能を追加した。
2

 

3
0.3.9
5
Googleカスタム検索をEmacsWikiEXTと同様のシンプルなものに変更した。
5
フィードメーターEXTの埋め込みをサポートした
5
LingrEXTバッジの埋め込みをサポートした
2
バグ修正: CSSの li タグの画像パス指定の間違いを修正した
5
バグ修正: OldTypeコンテンツファイル数が多すぎると、ot_RecentChangesがエラーになる問題
5
ニコニコ動画貼りつけコマンド #(nicovideo xxxx) をサポートした
4
ページタイトルを「ページ名 / ページの1行目」から「ページ名 -- ページの1行目」に変更した
5

 

5
0.3.8
5
コメントの1行が長い場合、横スクロールしてしまうのを禁止した。(行を折りかえして対応)
5
oldtype-modeに今日の日付のblogエントリを生成する関数 oldtype-todays-entry() を追加した。
5
ソースコードの引用 '!' コマンドの表示色を濃いグレーに変更した。
5
CSSをKahuaで動的に出力するように変更した。(oldtype.css)
5
RSS feedの長さを 30エントリ程度に制限した。
5

 

5
0.3.7
5
各Wikiページに関連ページへのリンクを付けた。
5
grepなどのバッチ実行用コマンドの下準備を実施した。
5

 

5
0.3.6
5
oldtype-modeのamazon URLから #(amazon ASINコード)に変換する機能のバグを修正した。
5
URLから間違った部分をASINコードとして切りだしてしまう
5
RSS feedの出力をGoogle ReaderでRSSを見た時にも見やすいレイアウトした。
5

 

5
0.3.5
5
バグ修正: oldtype-modeに不正なAmazon ASINCODEとYouTube videoidのチェックが入っていなかった。
5
blogページ作成スクリプトが生成するページ !kiyoka.blog.list に月刊ページへのリンクを付けた。
5
tDiaryのブログデータOldTypeの記事に変換するスクリプトを作成した。
5

 

5
0.3.4
5
#(img-s ) #(youtube-s ) #(amazon-s ) など小さいサムネイル画像をサポートした(高さ40ドット)
5
#(img-m ) #(youtube-m ) #(amazon-m ) など中程度のサイズのサムネイル画像をサポートした(高さ80ドット)
5
それぞれWeb画面、oldtype-modeの両方でサポートした。以下はサンプル。
5
     4873113482 oranges nH6CXQtFbBE 
5
blogページ作成スクリプトで !kiyoka.blog.list に画像のサムネイルが出るようにした。
5

 

5
0.3.3
5
コメント登録成功/失敗時のアイコンを顔の表情アイコン(エモティコン)に変更した。
5
コメント登録の[Submit comment]ボタンの2度押しを防ぐ機能を入れた。
5
Googleフリー検索を使って、サイト内検索をサポートした。
5
oldtype-modeのamazon URLから #(amazon ASINコード)に変換する機能のバグを修正した。
5
ASINコード中のハイフンが認識できない
5
oldtype-modeのyoutube URLから #(youtube videoid)に変換する機能のバグを修正した。
5
videoidのハイフンが認識できない
5

 

5
0.3.2
5
バックエンド処理の軽量化: Webページの中間データの生成を、差分が出たコンテンツだけに限定した。
5
バグ修正
5
タイミングによって、複数バージョンの情報が混在した不正なWebページ中間データを生成してしまうバグを修正した。
5

(不正なWebページを開くとKahuaの実行エラーがWebページに表示される。)

5
Kahuaからcommitするための作業ディレクトリを毎回掃除する様にした。
5

 

5
0.3.1
5
Kahuaからのコメントサポート
5
コメントエントリ窓の設置コマンド #(comment) のサポート
5
コメントデータの埋め込みコマンド #(comment-data) のサポート
5
svn.scm追加
5
blog プラグインの #(comment) コマンドの特別対応
5

 

5
0.3.0
5
バックエンド処理の軽量化: Subversionリポジトリとのsvn diffで差があるときだけページデータを生成するようにした
5
#(nolist)コマンドのサポート
5
#(nolist)コマンドを記述したページは!RecentChangesに掲載されない
5

 

5
0.2.9
5
RSS feedのビルド時間を最新エントリよりも5分程度過去を指すようにした。(最新ブログエントリが最初に来るように)
5
見ため調整: !kiyoka.blogブログ記事一覧ページのエントリ同士に2行分の改行を入れた。
5
oldtype-mode: URLをリンクに変換する時リモートからHTMLのtitleを取得する様にした。(w3mを使用)
5

 

5
0.2.8
5
RSS feedをFeed Validator for Atom and RSSEXTで検証が通るよう修正した。
5

 

5
0.2.7
5
!kiyoka.blog.2008_06等のブログの月刊ページを!kiyoka.blogと同じ順番(日付の新しい順)に変更した。
5
Plain Textで表示する機能を追加した。(本文をコピーアンドペーストしやすいように)
5
RSS feedの修正
5
description情報をPlain Textでの全文配信に変更した。
5
Wikiソースの空行が表示に反映されるように変更した。
5
空行による文書の空間の微調整が出来るようにした。
5

 

5
0.2.6
5
oldtype-modeのバグ修正:日本語入力中のreturnキーが変換候補の確定ではなく、改行の入力になってしまうバグ
5
RSS feedの修正
5
description情報のサポート(タイトルと同じ)
5
author情報のサポート
5

 

5
0.2.5
5
RSS feedをサポートした。(RSS 2.0形式)
5
Googleの検索窓を削除した。(サイト内検索は独自方式で代用予定)
5

 

5
0.2.4
5
blogの過去記事を月単位にまとめる様にした
5
!kiyoka.blog.past に詰めこんでいたのを !kiyoka.blog.2008_01 のような月単位のページに自動分割するようにした
5
自動生成した'!'で始まるコンテンツをSubversionに自動登録するようにした
5

 

5
0.2.3
5
コードをオブジェクト指向設計に変更してリファクタリングした
5
外から見た機能は0.2.2と全く同じ
5
OldTypeのライブラリモジュール群のUNITTESTを作成した
5

 

5
0.2.2
5
ツールチップ表示をさらに数箇所に追加した。
5
blogのタイトルリストのページを自動生成するようにした。!kiyoka.blog.list
5
oldtype-modeに YouTubeの URLから#(youtube xxxx)コマンドに変換する機能を追加した。
5
非公開ページをサポートした
5
svnに入っている '_'で始まるWikiページは!AllPages!RecentChangesページに掲載されないようにした
5

 

5
0.2.1
5
#(amazon ASIN)コマンドのASINコードが'0'で始まる場合、'0'が外れるバグを修正した。
5
SEO対策: HTMLのページタイトルをWiki名 + ページの1行目の文章にした。
5
各行の更新時刻、ユーザ名をツールチップ表示した。
5
各行にコミッターのユーザアイコン表示するようにした。
5

 

5
0.2.0
5
セットアップの手間を省く改善を行なった。
5
static/img のシンボリックリンクの作成を不要にした。
5
ロケールサポート: !RecentChangesページの更新時刻フォーマットをJSTで表示できるようにした。
5
#(timestamp UNIXタイム)というコマンドを実装してサポートした。
5
!RecentChangesページに各更新が何時間前だったかを表示した。
5
#(since UNIXタイム)というコマンドを実装してサポートした。
5
Kahuaの設定ファイルapp-serversにホスティングサーバのFQDNを設定するようにした。
5

 

5
0.1.9
5
oldtype-modeに #(amazon  ASINコード )コマンドで本の背表紙画像が表示される機能を追加した。
5
oldtype-modeに #(youtube videoコード)コマンドで動画のサムネイルが表示される機能を追加した。
5
In-place編集デモの開始をシングルクリックからダブルクリックに変更した。(暫定のユーザインタフェース)
5
!RecentChangesページに出現するエントリ数を30個に制限した。(ブラウザの表示高速化のため)
5
各ページに、はてなブックマーク数表示をサポートした。
5

 

5
0.1.8
5
ブラウザの文字サイズが変更されてもレイアウトが保たれる様にした。
5
サイト内を検索するためのGoogle検索窓を付けた。
5
Amazonの本の紹介コマンド #(amazon ASINコード) をサポートした。
5
例)
5

4163700005  Amazon.co.jp: ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!: 梅田望夫: 本

5
oldtype-modeに amazonのURLから #(amazon ASINコード) に変換するコマンドを追加した。
5

 

5
0.1.7
5
Webブラウザから編集するUIをデモ用に仮実装した。(まだWebブラウザから反映できない)
5
JavaScriptのライブラリはPrototype.jsとScriptaculous-1.8.1を使用した。
5

 

5
0.1.6
5
':'コロンを使ったファイル名をすべて廃止した。(MacOS Xで':'が扱えないため)
5
show-pageエントリで存在しないページを開こうとすると『ERROR:  couldn't open input file: 』エラーになるバグを修正した。
5
SimpleAPI - ウェブサイト・サムネイル化ツールEXTでサムネイル表示するコマンドを追加した。
5
 http://img.simpleapi.net/
5
新規ページが真赤になる問題をさらに改善。
5
 更新箇所を1行全体ではなく、行頭の単色画像にした。
5
ページ先頭にバーコード状の更新箇所へのリンクを付けた。
5
 todo.barcode-style-link
5

 

5

 

5
0.1.5 見栄え関連を改善
5
[Top]へのリンクを削除した。
5
更新箇所のカラーリングサンプルをCSSではなく画像による表現に変更した。
5
oldtype-mode.elのダウンロードリンクを作るコマンド#(oldtype-el)を追加した。
5
emacs-w3mでアクセスした場合でも各行の更新箇所にLatestカラーを出す様にした。
5

 

5
0.1.4 見栄え関連を改善
5
YouTube動画を貼るコマンドを追加した。
5
OldTypeロゴをページ左上に表示するようにした。
5
Emacs-w3mでもそれなりにレイアウトされるようにした。
5
新規ページが真赤になる問題を改善。
5
 更新箇所のカラーリングをなるべく薄い色から使う様にした。
5

 

5
0.1.3 infoリンク付加
5
行毎にinfoリンクを付加した。
5
リンククリックで行毎のWiki記法によるソースコードなどの詳細情報を見ることが可能。
5
行毎にcommitユーザ名のリンクを付加した。
5
ブラウザ種別によって、出力するHTMLを変えた。
5
w3m(テキストブラウザ)の例外対応
5

 

5
0.1.2 Kahua移行完了バージョン
5
Kahuaフレームワーク上で動作するアプリケーションになった。
5
バッチ部分はWebアプリケーション側からloadできるS式による中間データにした。
5

 

5
0.1.1 サイト公開バージョン
5
コンテンツは静的htmlのみ