Sekka.Setup RSSPLAIN

Related pages: Sekka Sekka.VersionUp Sekka.Emacs Sekka.Setup.gdbm Sekka.Setup.TokyoCabinet Sekka.Setup.LevelDB Sekka.Setup.Redis
55223532415555500545555005500045505550005555554454555555555555555555555555555555555555555555555555555
5

Sekka(石火)のセットアップ手順

5

 

2

てっとりばやいセットアップ方法

2

手元にDockerが使える環境があれば、こちらの手順がおすすめです。Ruby/gem/memcached/辞書 など全部入りのDockerイメージがあります。

3
 kiyoka/sekka - GitHubEXT
5

 

3

 

2

必要システム(Dockerが使えない場合)

4
Mac OS X 10.6(Snow Leopard)/10.7(Lion)、Debian 5.0(lenny)と6.0(squeeze)、Windows 7動作確認しています。
1
ruby          1.9.2、1.9.3、2.0.0、2.2.0でテスト済み (WindowsはRubyInstaller.org 1.9.3)
5
 Travis-CIで複数バージョンのrubyで動作確認しています。
5
 Travis CI - Distributed build platform for the Ruby communityEXT
5
 sekka
5
memcached     1.2.2、 1.4.5 でテスト済み
5
Tokyo CabinetEXT 1.4.37、1.4.46 でテスト済み
0
RedisEXT         1.2.6、2.2.12、2.4.2、3.0.0でテスト済み
0
LevelDB       1.15.0 でテスト済み
5
curl          7.19でテスト済み
4
Emacs         23、24でテスト済み。WindowsはGNU Emacs 24.2.1 (i386-mingw-nt6.1.7601) でテスト済み。
5
apel          10.7、10.8 でテスト済み (但し、Emacs24ではapel 10.8を使う必要があります)
5

 

5

 

5

辞書ストレージサーバの選択

0

Sekka の辞書ストーレージサーバとしてTokyo CabinetEXTRedisEXTLevelDBEXT、gdbmのどれかから選ぶことができます。

0

一番バランスが良いのはLevelDBで少ないメモリでもかなり快適に使えます。

5

sekka-serverを動かすサーバの空きメモリサイズによって決めてください。

5

 

0

OSにLevelDBが付属している場合

0

Debian lenny/squeeze Ubuntu 10.10以上では、簡単にLevelDBをインストールできます。

0

環境によってはTokyo Cabinetがインストールしやすいため、Tokyo Cabinetもよいでしょう。

4

gdbmはI/O負荷が高く、あまりおすすめできません。Windowsでgdbmしか選択肢が無い場合などに使います。

5

 

5

搭載メモリが多い場合

0

Redis用に800MByte程度のメモリを使える場合、Redisが応答速度が良いです。

5

Debian       squeeze Ubuntu 10.10以上では、簡単にRedisをインストールできます。

5

 

5

sekka-serverの環境構築

0

LevelDBを使う場合

0

→ Sekka.Setup.LevelDB

0

 

5

Tokyo Cabinetを使う場合

5

→ Sekka.Setup.TokyoCabinet

5

 

5

Redisを使う場合

5

→ Sekka.Setup.Redis

5

 

4

gdbmを使う場合

4

→ Sekka.Setup.gdbm

5

 

4

 

5

proxyサーバーの指定

5

sekka-server はGoogleImeApiを使います。

5

httpプロキシサーバーを経由する必要がある場合は、sekka-serverの起動前に環境変数http_porxyを設定してください。

5
#bash用コマンドライン(.bashrcに入れるなどしてください)
5
export http_proxy="http://プロキシサーバーのホスト名:ポート番号"
5

 

5
 設定例
5
export http_proxy="http://host.example.com:8080/"
5

 

5

なお、sekka-serverが環境変数を正しく読み込めたかどうかは、sekka-serverの起動メッセージで確認しくてください。

5
 上記設定での表示例
5
----- Sekka Server Started -----
5
     .
5
     .
5
     .
5
  proxyHost : host.example.com
5
  proxyPort : 8080
5
--------------------------------
5

 

5

 

5

sekka.el(Emacs側)のインストール

5
~/.emacsに以下を追加します。
5
(when (= 0 (shell-command "sekka-path"))
5
  (push (concat (car (split-string (shell-command-to-string "sekka-path"))) "/emacs") load-path)
5
  (require 'sekka)
5
  ;;(setq sekka-sticky-shift t)   ;; sticky-shiftを使用する場合、この行を有効にする
5
  ;;(setq sekka-muhenkan-key "q") ;; sekka-kakutei-with-spacekey を tにした時専用。"q"キーで即無変換にする。
5
  (global-sekka-mode 1))
5
Emacsを起動します。
5
Emacsのモードラインに 「Sekka」という文字が出たらインストール完了です。
5
Emacsからの操作方法はSekka.Emacsを参照してください。
5

 

5

 

5

sekka-serverを多人数で共有する

5

sekka-serverは、マルチユーザー環境を考慮して設計されています。

5

sekka-serverのWebAPIは、引数のユーザーID毎にユーザー辞書が保存されます。

5

(sekka.elはユーザーIDとしてUNIXのログインアカウント名を使う設計になっています)

5

 

5

そのため、チームで1台のsekka-serverを用意し、リモートから複数ユーザーで同時利用することができます。

5

※ sekka.elのカスタマイズ変数 sekka-sever-url はデフォルトで localhost:12929 となっています。このホスト名を書きかえればEmacsからリモートサーバーにアクセスできます。

5

 

5

 

5

memcachedについて

5

sekka-serverの内部でmemcachedがlocalhostに存在することを前提としてハードコーディングされています。

5

sekka-serverと同一ホスト内にmemcachedをインストールしてください。

5

 

5

参考リンク

5
日本語入力メソッド Sekkaのインストール - Practice of ProgrammingEXT
5
 ktatさんによるUbuntu 10.04へのインストール手順
5

 

5

[以上]