TaPL_exercise_11_5 RSSPLAIN

Related pages: TaPL_exercise
5555555555555555555
5

演習 11.5.1 (page 94)

5

省略

5

 

5

 

5

演習 11.5.2 (page 95)

5
問い
5

letを派生形式として定義する別の方法として、直ちに「実行」する方法、すなわち let x=t1 in t2 を、本体を置換した[x ↦ t1] t2 の略記とみなす方法が考えられる。これは良いアイデアだろうか。

5

 

5
回答
5

良くないアイデア。

5
理由1: t1 と t2 の評価順序が保持されない。t1は先に値に簡約される必要があるが、その順序が狂う。
5
理由2: 本来正しく型付けできない項が正しく型付けされてしまう
5
 例
5
let x = unit(unit) in unit
5

が正しく型付けされた項

5
unit
5

になってしまう。

5

 

5

#comment