hayamiz.isef2008.judging RSSPLAIN

Related pages: hayamiz.isef2008
451515151312122212552222222222222
4

原文はこちら Judging Information for Intel ISEF Finalists(PDF)EXT

5

 

1

Intel ISEF ファイナリスト向けの審査情報

5

 

1

審査員は2008年5月13日(火)の午後から事前審査を開始し、翌14日(水)はGeorgia World Congress Centerの展示ホールB - 3において、一日を通して審査会が行われる。Intel ISEFの審査員は次の2グループに分けられている。(1)ISEFの18カテゴリ(17の分野と、チーム研究)ごとにファイナリストの研究を審査するGrand Awardsの審査員と、(2)各専門機関や団体を代表して、それぞれが審査の対象とする分野の研究を審査するSpecial Awardsの審査員である。それぞれの審査員は、ネームタグに付いているリボンの色で、どちらのグループの審査員かを見分けることができる。Grand Awards審査員は青、Special Awards審査員は赤のリボンが付いている。Grand Awardsの審査員による審査の時間は、コンピュータによって最初の2セッションに振り分けられる。またSpecial Awardsの審査は、Grand Awards審査が行われない空き時間を利用して行われる。つまり、第一セッションの最初の45分間、第二セッションの最後の30分間、最終セッションの全ての時間で予定された審査のない時間に行われる。

5

 

1

審査員は火曜日の午後に研究の事前審査を行うが、審査会は水曜日のみである。プレゼンテーションや、ファイナリストへの審査員による質疑応答は水曜日に行われる。審査会の日は、希望すれば午前6:00からプロジェクトのチェックや器材の設営(照明、コンピューターなど)を行う最後の時間をとることができる。最終チェックでファイナリストに与えられる時間は1時間のみである(午前6:00〜7:00)。午前7:00には、ファイナリストは展示ホールから退出しなければならない。午前7:00〜8:30の間は、ファイナリストは自由時間である。

5

 

1

午前8:30〜9:15の間はSpecial Awardsの審査員が審査に来る可能性があり、また午前9:30からはGrand Awardsの審査が始まるため、ファイナリストは午前8:30までに展示ホールB - 3にいなければならない。審査は、大きく3つのセッションに分けられ、全体で17時限の審査時間がある。第一セッションは午前9:30から11:45までで、1時限目から9時限目までの審査が行われる。第二セッションは午後1:15から3:45までで、10時限目から17時限目までの審査が行われる。ただし、第二セッションの最後の30分間(午後3:15〜3:45)は、Special Awardsの審査員がファイナリストに質疑応答をするための時間である。最終セッションは、午後4:15から6:00まで行われて、Grand AwardsとSpecila Awardsの審査員両方が審査に訪れるが、審査に訪れる時間や順番などは決まっていない。

3

 

1

Grand Awardsの審査の予定表は、各プロジェクトのブースに置かれているので、午前8:30までにブースに行くことで確認できる。審査のスケジュールはピンク色のカードに印刷されており、審査のある時限とその時刻、審査員の名前がセッションごとに、時系列で記載されている。この予定表から、Grand Awards審査が行われない空き時限がわかる。この空き時限と、それに加えて午前8:30〜9:15、午後3:15〜3:45が、Special Awardsの審査員が審査に訪れる可能性のある時間である。Grand Awardsの審査が予定されていない時限であっても、Special Awardsの審査員が訪れる可能性があるため、ファイナリストはできるだけ各自のブースにとどまっていることを強く推奨する。また、夕方の最終セッションの間は、ファイナリストは各自のブースにいなければならない。このセッションでの審査は事前に予定されたものではなく、必ずしも全てのファイナリストが審査されるわけではないが、過去の例をふりかえると、数々の重要な賞に受賞に関わる決断が最終セッションで下されてきた。また、Special Awardsの審査員にとっては、最終セッションはGrand Awardsの審査スケジュールを気にすることなく審査ができる最後の機会でもある。

2

 

1

最終セッションが午後6:00に終わったところで、全ての審査は終了となる。審査終了後は、まだ作業を続けている審査員もいるので、それに配慮してできるだけ素早く静かに退出しなければならない。また、翌15日(木)には地元の学校の生徒によるインタビューや、一般公開があるため、ファイナリストは午前10:00から午後2:00までは各自のブースに待機していなければならない。

2

 

2

賞について

2

 

1

前にも述べたように、審査員には2つのグループがあり、それぞれがGrand Awardsと、Special Awardsという全く違う種類の賞の審査を行う。Grand AwardsはIntel ISEFの18カテゴリ(17の分野と、チーム研究)それぞれで授与される賞である。Grand AwardsはIntel ISEFで最も価値のある賞であり、カテゴリごとに最優秀賞、一等賞、二等賞、三等賞、四等賞が授与される。Grand Awardsの賞金は、最優秀賞が $5,000、一等賞が $3,000、二等賞が $1,500、三等賞が $1,000、四等賞が $500である。カテゴリの最優秀賞は、17の分野とチーム研究カテゴリそれぞれにおいて、一等賞受賞者の中から1研究にのみ授与される。チームに授与される賞金などは、メンバーで分け合うものである。またIntel ISEFでは、様々な研究分野を代表する70以上の専門機関や企業などが、賞を授与している。これらの政府関係機関や、産業界、教育機関などから多くの審査員がIntel ISEFに参加し、そして賞金、奨学金、記念の盾、夏のインターンシップ、研究調査旅行、専門誌の購読権、書籍、研究用器材など多岐に渡る賞品を提供している。ファイナリストは賞を受けとるために、受賞式には必ず出席しなければならない。

2

 

5

Thank you and Best Wishes for much success at the Intel ISEF.

5

REMEMBER THAT EACH AND EVERY FINALIST IS ALREADY A WINNER !!

2

 

2

審査のスケジュール(2008年5月14日 水曜日)

2

 

2
6:00 am to 7:00 am -- プロジェクトの最終チェック
2
7:00 am to 8:30 am -- 自由時間 (ファイナリストは展示ホールに入ることはできない)
2
8:30 am to 9:15 am -- 特別賞審査のための時間
2
9:30 am to 11:45 pm -- 第一審査セッション -- 1時限から9時限まで
2
11:45 pm to 1:00 pm -- 昼食/自由時間 (ファイナリストは展示ホールに入ることはできない)
2
1:15 pm to 3:15 pm -- 第二審査セッション -- 10時限から17時限まで
2
3:15 pm to 3:45 pm -- 特別賞審査のための時間
2
3:45 pm to 4:15 pm -- 休憩時間
2
4:15 pm to 6:00 pm -- 第三審査セッション -- 自由審査時間
2
6:00 pm -- 審査終了