kiyoka.2006_03_29 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list !kiyoka.blog.2006_03
555555555555555555555555
5

[コンピュータ]『ソフトウェアの肥大化』と『ムーアの法則』

5
 「ソフトウェアの肥大化」と「ムーアの法則」:中島聡・ネット時代のデジタルライフスタイル - CNET JapanEXT
5
 しかし、私は、その方向性はソフトウェアを走らせることが出来るデバイスが
5
 実質的にパソコンしかなく、それも全ての処理をクライアント側で処理するし
5
 かなかった一昔前の時代のものだ、と感じている。
5
 携帯電話、カーナビ、テレビ、デジカメ、などのあらゆるデバイスにCPUが入
5
 り、それらがネットワークに繋がってきたユビキタス・デバイス、ユビキタス・
5
 ネットワークの時代には、この「ムーアの法則のおかげで増大したハードウェ
5
 ア能力をソフトウェアで全て使い切る」方向性が正しいとはどうしても思えな
5
 いのだ。
5
 そんなことを続ける限り、デバイス間でアプリケーションやサービスを共有す
5
 ることは実質的に不可能である。ソフトウェアの開発コストは上昇するばかり
5
 だし、ユーザー・エクスペリエンスも向上させることはできない。
5

 

5

おっしゃる通りだと思います。僕はメール配信型WebリーダーR@eply.orgEXTという携帯電話向けのサービスを開発しています。

5

これは、いかにブログを効率よく読める携帯ブラウザを、いかに少ないコストで作れるか考えた結果生まれたものです。

5

パソコン以外のものに目を向けた瞬間に、増大したハードウェア能力の使い道として、パソコン上のソフトウェアの機能追加だけではつまらないと感じます。

5

ムーアの法則のおかげで個人でも安い値段でWebベースのサービスが作れる、いわゆる『チープ革命』のほうが価値があると思います。

5

ソフトウェアの肥大化は開発コストを上げるだけで、せっかくハードウェアがチープになった分を帳消しにしてしまいます。

5

僕がいいたいのは、既存のソフトウェアをもっと高機能にするのではなく、不可能だった事を実現するために利用したほうが相対的に価値が高いということです。

5

そう考えると、現在、コンピューティングの中心がクライアント側でなく、サーバー側にシフトしていっているのは自然な流れだと思います。

5

追記: 中島さんの別のブログでも重ねて言及されていますね。「ムーアの法則」とUIEngineEXT

5

 

5

...comment disabled...