kiyoka.2007_09_30 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list !kiyoka.blog.2007_09
55555555555555
5

[プログラミング]RubyかHaskellのバイリンガルが迷うとき

5

sshi.Continual - 「同一のもの」をつかんだ気になれる記述ができるかどうか?EXTより

5
 rubyとhaskellを双方手足のように扱える人にとって、ある問題を解くときにrubyで書くかhaskellで書くかを選ぶ基準を考えてみると思考実験になるだろうか?
5
 (略)
5
 双方を使えるんだから、その人は双方の脳内モデルのスイッチはできる。ではその人はその問題をどちらで解こうとするのか?
5
 個人的にはある問題、作ろうとしているプログラムを考えた時に、「あ、これはRubyのほうが書きやすそうだ」とか「あ、これはhaskellだと楽だな」とか思うことはある。
5

これを読んで思いだしたが、OnLisp読書会に出た時に、同様にRuybとHaskellのバイリンガルな人がけっこういた。

5

どちらも一部では流行の言語ではあるが、理由はそれだけでは無いだろう。

5

それぞれ、オブジェクト指向と関数型の脳内モデルをコードで表現するのには現存する言語では、おそらく一番理想に近い言語だと思う。

5

OCamlのユーザーとGaucheのユーザーは、それには同意せず、これ一つだけ覚えればOKだよというかも知れない。

5

私もそのGacuheユーザーの方だ。

5

もっとも、Gaucheでコードを書いている間も、局面次第で手続き型、オブジェクト指向型、関数型の脳内モデルをスイッチしているわけではあるが。

5

Ruby+Haskellの二刀流とGaucheの1刀流と最終的にどちらがパフォーマンスが良いのかに興味がある。

5

もっとも、人生は1度きりなので両方経験することはできないんだが。