kiyoka.2008_07_01 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list !kiyoka.blog.2008_07
44554544555552223223223555555551
4

[OldType][Scheme][プログラミング] SchemeとKahuaがリファクタリングに向いている理由

4

次はWebブラウザからの更新かな。RSSの実装も一段落したし、Webブラウザからの更新に手を付ける時期が来たかも。

5

ユーザアカウントのサポートからじっくりやるか、それともユーザアカウントは後回しにして、とにかくコメントの投稿から手を付けるか、それが問題だ。

5

Webアプリケーションは、後から作りなおしになってもいいので、動かしながら理解しながら作るという方法も悪くないと思っている。

4

なので、今回は後者でやってみようかな。

5

 

4

さて本題。

4

SchemeとKahuaはそういう作りかたに対しての耐性が強いような気がする。

5

平均的なプログラミング言語(RubyとかPerlとか)だと、後から、リファクタリングコストが高過ぎて、そういう作りかたはシンドイが、SchemeとKahuaの組合せならそんなにしんどくない。

5

これはなんでかな。

5

 

5

思いあたるのがこの文章。

5

KarettaEXT

2
 これは文だから、式が来るべき位置には記述できないとか、ここには複数の文を書けないなど
2
 といった無駄な制約がほとんどありません。 Schemeは自由で、制約があれば感じるであろう
2
 ストレスから解放してくれます。
3
 
2
 Schemeという言語は、決して多くの荷物や重い装備を背負わせるのではなく、無駄なものを徹
2
 底的に削ぎ落とし、プログラマに自由を与えてくれます。
3
 
2
 結果としてリファクタリングという作業が予想しているより楽しくなるでしょう。なぜなら、
2
 S式という木の組み換えにはほとんど限界がなく、木として似ていれば簡単に共通の構造を抽
3
 出できてしまうからです。
5

以下、略。

5

この文章、Schemerの言いたいことが全部詰まっていて、いい文章だと思う。

5

これは、cut-seaEXTさんの文章だ。

5

 

5

多分私が感じているリファクタリングの軽量さはこれかも。

5

SchemeにEmacsとKahuaが組合わさると、まるでねんど細工をコネコネしている様な気持ちよさなのだ。

5

ほんとかね?と思われた方は一度ご自分で体験してみることをオススメする。楽しいよ。

5

 

1

...comment disabled...