kiyoka.2011_10_27 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list !kiyoka.blog.2011_10
55445555555555555555555555555555555555555
5

[スマートフォン] どうしたらAndroidアプリで儲けられるのか? という発想自体が間違い。

5

アプリで儲けるという発想自体が間違いであると思っている。

4

3619129333_460863c451_m

4

 

5

アプリ単体で売る発想だとゲームをヒットさせるという話しか残らなくなるだろう。

5

みんなでAngry Birdを目指してどうする。

5

これは、どうしたら音楽業界で一山当てられるのかという感覚に似ている。

5

そのためには、まずギターを弾けるようになろう。ってなんか安易すぎないか?

5

 

5

しかーし、世間ではそれに似た話がまかり通っているようなので紹介する。

5

 

5

先日テレビでTHE PRIMEという経済番組?を10分ほど見た。

5

ある地方でスマートフォンアプリの開発講習会に1000人規模の生徒がくるというような状況を取材していた。

5

まさにアプリ開発はレッドオーシャン。アプリ開発自体に未来はない。

5

ここまでされると技術的にもニッチでは無い。スマートフォンが普及して目に触れる機会が増えた関係で、さて自分もできるんじゃないかと思えるようになっただけなんじゃないかな。単なる流行だ。

5

 

5

番組では、地域経済の活性化の名目でスマートフォンアプリ開発者を養成する方向で行政が動き、スマートフォンアプリ開発が活性化しているという紹介の仕方だった…

5

音頭をとった人が、表面的なことしか知らない人(行政側?)なんではと推測してしまう。たぶんそうなんだろう。

5

 

5

これで儲かるのは、講習会をやる側の企業だけだと思うけどなぁ。

5

まさにエクセル、ワードの使い方講習会の現代版というやつだ。

5

実際に講習会を卒業した個人開発者はアプリを出してみたものの、小遣い稼ぎにしかならないという悲しい結末も紹介。

5

ちゃんと食べて行ける人は、結局スマートフォンアプリの受託でやっている人だけみたいだ。

5

 

5

番組のレベルの低さを脇に置いてまじめに書くと、ちゃんと儲けようと思ったらサービスが主軸になっている必要がある。アプリはUIのおまけであって大事なのはサービス開発だと思う。

5

テレビ番組としてはキャッチーなところだけを取り上げて素人にもわかる構成にしているのもあるのだろうけど。

5

自分としては、1000人規模のアプリ開発者が毎年養成されているという不可思議な現実を知れてよかったのだけど。

5

 

5

こちらは、もう少しちゃんとしてそうな開発者向けの記事。

5
 アイデアと開発力があっても「なかなか儲からない」-- アプリ開発者が抱く不安と課題とは - インターネットコムEXT
5

 

5

とはいえ、この記事でも「センス」や「感動」や「驚き」という言葉を使って

5

いてるので同じといえば同じか…「アプリ開発者」というキーワードに終始し

5

ているけど、「アプリ開発者」ってなに?

5

 

5

自分はスマートフォンアプリは作る予定は無いのだけど、Webサービスを作っていって必要になった段階で作るかもしれない。

5

単にサービスへのアクセス対応デバイスを増やすという意味しか無いけど…

5

そんなにアプリ開発者がいるんなら作ってもらってもいいかな(笑)

5

 

5

 

5

...comment disabled...