kiyoka.2013_10_24 RSSPLAIN

Related pages: !kiyoka.blog.list !kiyoka.blog.2013_10
5555555555555555555555555555555455445455555555555
5

[MacOS] MavericksにバージョンアップしてもX11を使う

5

 

5

無料と聞いて、MacBook ProのOSをLionからMavericksにバージョンを上げた。

5

「タダより高いものはない」というわけで、それなりの手間賃を払うことになった。

5

X11 serverがMountain Lionから非標準になって当然Mavericksでも動かなくなっているので、復活するところからスタートした。

5

 

5

普段は、X11プロトコルをsshで転送して北海道のDebianマシンと手元のMacOSXとを繋いでいる。

5
 
5
 X11 server                           X11 client
5
 
5
  [MacOSX]  ----- Internet -------  Debian/GNU Linux
5
 
5

 

5

用意するソフトウェア

5

XQuartzEXT 2.7.4 のdmgファイル。Lion付属のX11の代わりとして使える。

5
 ※ MacOSXのマシンからリモートのLinuxマシンには ssh でログインできる状態であること。
5

 

5

環境設定

5
XQuartzEXT 2.7.4をインストールする。
5

 

5
XQuartzを起動し、設定を行う。
5

 

5
 認証の設定
5

XQuartz_input

5

 

5
 キーボードの設定
5

XQuartz_security

5

 

5

 

5
XQuartzを再起動する(これで設定値が反映される)
5

 

4
MacOS X側の ~/.ssh/config に1行追加する
5
ForwardX11 yes
5

 

4
MacOS X側の ~/.bashrc に1行追加する
4
export DISPLAY=localhost:0.0
5

 

4

 

5

起動

5
XQuartzが起動していることを確認する
5

 

5
ssh -Y オプションを付けてログインする
5
$ ssh -Y remote_host_name
5
$ xterm &
5
 → xterm が起動する
5

 

5

キーボードの調整も完璧だし、やはりX11 serverはMacOS Xの上が一番良い。

5

 

5

...comment disabled...